フリーランスといえども、仕事をとるということは結局人とのつながりを持つということです。仕事のつながりイコールビジネスマナーが必要と考えてもいいでしょう。

紹介の仕方、名刺の渡し方、一見どうでもいいことに思えますが、取引先の人はそうしたマナーを意外によく見ているものです。フリーランスも覚えておきたいビジネスマナーをご紹介します。

紹介の順番

例えば、フリーランスの仲間(以下友人)にクライアントを紹介するとします。

そこにいるのはあなたとクライアント、そして友人です。先に紹介するのはクライアントでしょうか。友人でしょうか。

「○○さん(クライアント)、友人のAです。」

この場合、クライアントが立場的に上の人となりますので、上の人に対して情報を提供することが正となります。逆の言い方をすれば、立場の低い人から先に紹介するということです。

・会社で言えば自社の人を先に紹介する

・地位の低い人を先に紹介する

・若い人から紹介する

こうした順番で紹介するようにしましょう。

名刺の渡し方

それでは、名刺はどのように渡したらよいのでしょうか?フリーランスにとって、実は名刺は不可欠な存在です。個人で営業をするようになったら、絶対に必要になってくる名刺。交換の仕方もしっかりと把握しておきたいものです。

フリーランスになる前から名刺を渡す機会が多かったという方は特に悩む必要はないかもしれません。しかし、そうでないという人は注意が必要です。なにかとマナーにうるさい日本社会では、名刺の渡し方も人を見る重要なポイントになってきます。

動画で見てみましょう。

名刺の渡し方がきちんとマナーにに則っているのと、適当な渡し方とでは、印象が全く違ってきます。

とりわけ、相手先が大きい会社であればあるほど、こうした細かい気遣いが大事になってきます。

紹介の順番や名刺の渡し方など、ビジネスマナーはしっかりと身に着けたいですね!



文:しらいはるか

 

おすすめの記事