フリーランスで活躍している人の多くは、自分自身のブログやポートフォリオなど、サイトを運用しているケースが多いようです。実際にこのようなブログやサイトは必要なのでしょうか?また、これから作り込んでいきたい場合、どのような方法でブログを構築していくのがよいのでしょうか。ここでは、ブログやサイトの必要性、作り方などについて説明します。

 

フリーランスはブログやサイトを活用すべき?

 

結論からいうと、フリーランスであるならばブログやポートフォリオなどのサイトがあったほうが、仕事を効率よく得られるようになります。主な理由としては、以下のもの挙げられます。

 

・低価格案件の削減

・効率的な営業ツール

・ミスマッチの削減

 

フリーランスの最初の足掛かりとして、クラウドソーシングのサイトを活用するというケースは多いでしょう。もちろん、いままでフリーランスとして働いていない場合、実績作りのためにこのようなサイトを活用するのはとても有効な方法です。しかし、クラウドソーシングでの仕事は、どうしても価格競争に走ってしまう恐れがあります。価格ではなく、成果品の質で勝負をしたいといっても、価格面で負けてしまうことは珍しくありません。低価格競争から脱却するためにも、クラウドソーシングの活用だけではなく、独自のルートが必要になってくるのです。

そのためには営業活動が必要なのですが、ブログやポートフォリオをオンライン上にあげておくことで、仕事を依頼したい人がそのサイトを閲覧して、能力や人となりを確認することができます。特にフリーランスの場合は実績を見せることができないと、なかなか相手に受け入れてもらうことができません。自分が営業活動をする際に見せることで、信ぴょう性を高めることができますし、逆に顧客のほうからサイトを見て問い合わせに来ることもあるでしょう。このように、ブログやサイトは非常に効果の高い営業ツールとして活用できます。

また、自身の実績を提示しているブログやサイトがあれば、顧客が成果品のイメージを組み立てやすいというメリットがあります。納品してみるとイメージと違っていたといわれて、余計な工数が増えたりトラブルに発展したりするリスクもあるかもしれません。サイトを作ることにより、自身の得意なものを見せられるので顧客とのミスマッチを減らすことができます。

無料ブログも良いけれど、WordPressがおすすめ

 

ブログやサイトを開設したい場合、簡単に作れるのが無料ブログです。国内で手軽に利用できる無料ブログとしては、次のようなものがあります。

 

Seesaaブログ

ライブドアブログ

FC2ブログ

アメーバブログ

はてなブログ

 

たしかに、無料ブログであれば初期導入コストをゼロにして、ブログを開設することができます。デザインもすでに用意されているので、手間もかからずサクサク作ることができるでしょう。ただし、営業ツールとして「集客」を意識した場合、無料ブログではSEOが弱く、さらにデザインも画一的なものとなってしまうので、自分自身の特色を生かすことができないのではないでしょうか。また、広告などが表示されるのも嫌ですよね。

ワードプレスの場合、レンタルサーバー費用、ドメイン費用などのコストが一定額必要となります。さらに、開設する際には多少の手間も買掛かってしまうでしょう。しかし、拡張性が高く、オリジナリティを十分に発揮することが可能です。特にデザインに関する仕事をしている場合、サイトデザインに関しても実績として相手にアピールすることができるでしょう。SEOを意識して、新規顧客を呼び込むことも期待できます。

 

WordPressでサイトを作るためには書籍を活用!

 

WordPressは、慣れるまでは多少難しいと感じてしまう方も少なくありません。ネットでも学べますが、パソコンを触りながら調べるのであれば、書籍を活用するのが便利でおすすめです。ここでは、おすすめの書籍をご紹介します。

 

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)
初めてWordPressを使ってサイト作りをしたい方におすすめの書籍です。WordPressの最新バージョンに対応しており、手順についても画像付きでわかりやすく解説されています。これまでHTMLやCSS、PHPといった専門知識に触れたことがない方であっても、デザイン性や機能性の高いサイトを構築することができるでしょう。
また、単に作業手順が書いてあるだけではく、WordPressの構成についてもしっかりと学ぶことができます。ただし、WordPressの導入部分に関しては、さくらサーバーを使用した場合の記載となっています。そのため、その他のサーバーをレンタルして、サイトを構築したい場合は他の書籍やサイトで情報収集をする必要があるのでご注意ください。

実は私自体、WordPressは去年の夏まで触ったことがありませんでした。「なんとなく難しそう……」という食わず嫌いな感覚で逃げていた気がします。ただ、サイトを作りたい、できるなら無料ブログではなくWordPressを利用したいとも思っていました。

有料で作ってくれるところも探しましたが、5万円程度が相場のようです。それなら、とりあえず自分でやってみようかと思い買ったのがこの本です。WordPressに関する本はたくさんありましたが、なんとなく、直感的というか一番わかりやすいような気がしました。

挿入画像はさくらサーバーのものと限定的ですが、さくらサーバー自体に特に問題もありませんでした。カスタマーサポートなども充実しているようです。

まったくの知識のない状態からはじめて、順番通りに読み進めて実行していくことでサイトが作れたというのは何よりの収穫です。

まとめ

フリーランスで活躍していくためには、サイトやブログを営業ツールとして活用して、新規顧客獲得をしていく必要があります。クラウドソーシングサイトと違って、案件の単価も高く設定しやすいので、内容にあった報酬の仕事をしていくことができるのではないでしょうか。また、サイト開設の際には無料ブログではなく、デザイン性が高く自由度の高いWordPressを利用することで、オリジナリティのあるサイトを構築できるでしょう。わかりやすい入門書を読み解きながら、自分だけのサイトを作ってみてはいかがでしょうか。

 

FreelanceMeetupではサイトのご紹介を希望される方を募集しています。ご自身のサイトを紹介したい方はぜひお問合せフォームよりご連絡ください。

掲載希望の方は、

・記載したいお名前

・職種

・URL

・紹介文(ブログから抜粋で可)

上記を記載の上ご連絡ください。掲載は無料です。

また、相互リンクも歓迎しています。ご希望の方はぜひご連絡ください。よろしくお願いします。

 

https://freelance-meetup.com/category/blog/

(文:FreelanceMeetup編集部)

おすすめの記事