フリーランス人口が1,000万人を超えた今、孤独を抱えるフリーランスも増えています。そうした中、人とのつながりを求めて交流会が各所で開かれるようになりました。

ただ、あなたの隣にいる人は本当に安全と言える存在なのでしょうか?

もう1週間、人と話していない

出典:pixabay

 

自宅で仕事をするフリーランスにありがちなことですが、仕事が忙しいとあまり外出しないという話を耳にします。特に一人暮らしの場合、だれとも話さずに時間が過ぎていくということも多いでしょう。

ユカリさん(仮名)は、フリーランスのライター。大学卒業後、2年間の文房具メーカー勤務を経てフリーランスになりました。職場に特に不満があったわけではありませんでしたが、長く続けたいと思える場でもありませんでした。当時の月収は約20万、家賃や生活費を考えると、あまり余裕のある金額とは言えませんでした。淡々と過ぎていく日常に少しうんざりしていたのかもしれません。わずかばかりの貯金でしたが、深く考えることなく退職を決意します。

あてもなくフリーになったユカリさん。しかし、ネット社会といえる現代、高望みをしなければ誰でもなれるといえるwebライターの道がありました。web業界は紙媒体のライターとは一線を画すと考える向きもあるかもしれませんが、スキルの高いライターが数多くいるのも現実です。日ごろから文章を書くことを得意としていたユカリさんはクラウドソーシングからwebの仕事を始めました。

もともと文才があったのでしょうか。仕事は順調で食べるに困るようなことはありませんでした。納期という縛りはあるものの程よい緊張感とやりがいを感じていました。ただ、あるとき、ふと思ったのです。

「もう1週間、人と話していない……」

充実した毎日に不安と虚しさを感じた瞬間だったのかもしれません。

交流会はたくさんある

出典:pixabay

 

ユカリさんのような思いを抱えるフリーランスの方も多いのではないでしょうか。各所でフリーランスのイベントが増えています。大手が主催するもの、個人が主催するもの規模も内容もさまざまですが、多くの人が「出会い」を求めてそこに集います。

人とつながることにより、得られるものは多いでしょう。例えば、フリーランスの交流会の場合

・仕事を得ることができる
・情報を得ることができる
・悩みや愚痴を共有できる

などが挙げられるでしょう。ワイワイ話すだけでも楽しいですし場合によってはチームでの仕事に結びつくかもしれません。

twitterやfacebookなどからつながることも多いようです。

交流会でも警戒心を持って!

出典:pixabay

 

フリーランス人口が確実に増えつつある昨今、フリーランスの交流会やmeetupは花盛りです。ただ、こうしたイベントが増えれば増えるほど、ある程度の警戒心が必要になってきます。

例えば、海外に行った場合、日本人というだけで親近感を覚えるということはないでしょうか。同様にフリーランスというだけで安易に信用してしまう・仲間意識を感じてしまうという方も多いようです。

もちろん気心の知れた仲間同士なら良いのですが、今日初めて会った他人をそんなに信用してもよいのでしょうか?

ひとつずつ考えていきましょう。

1.名刺はどうする?

交流会では名刺交換をする方も多いと思います。企業や取引先との名刺交換ならば、住所や電話番号などを記載した名刺を渡すのが常識ですが、交流会などの場合は別バージョンの名刺を用意するとよいかもしれません。名前とメールアドレスなど簡単な連絡先程度にとどめることをおすすめします。

2.情報商材の勧誘などに気を付ける

仕事があまりとれていないフリーランスの場合、オンラインサロンや情報商材の勧誘などに引っかかるということもあります。中には有益なものもありますが、仕事が取れない状態でお金を払うことで、本当に得られるものがあるのかよく考えてみましょう。

3.セクハラにも気を付けて!

交流会で酔った勢いで抱きつかれたという話を聞いたことがあります。女性の場合、特に気を付けてほしいのですが、初めて会った男の人を信用しすぎないようにすることが大切です。過度な接近を試みてくる男の人がいたら十分に注意してください。

例えば、あるイベントでこんなことがありました。
最後に集合写真を撮ろうという話になり集まります。隣に立った男の人が「肩を組みましょうか」と言っていきなり腰に手を回してきます。不快でしかなかったのですが、場を壊すこともできず、その状態で写真を撮りました。離れようとした瞬間、その男の手はお尻を触っていました。状況的に常習と考えてよいでしょう。不快に感じる何かがあった場合は躊躇せずに振り払いましょう。

 

フリーランスが増えてフリーランスの交流会が増えれば増えるほど、交流会という名のもとに、勧誘目的、恋愛目的、さらに……といったケースも想定されます。

トラブルを避けて楽しい場とするためにも警戒心を持とう

出典:pixabay

一人で仕事をしていると人とつながりたいと思うこともたびたびあるでしょう。特に一人暮らしの場合は、日に日に孤独が募っていくということもあるかもしれません。

交流会はさまざまな人と知り合い、新しいことを得られる場です。だからこそ、トラブルを避けるためには警戒心を持って行動するようにしましょう。

(文:しらいはるか)

おすすめの記事