昨今、副業という言葉を耳にする機会も多くなりました。また、在宅で仕事をする人も増えてきています。しかし、実際、フリーランスやパラレルワーカーとして安定して仕事をとれている人はどれくらいいるのでしょうか。

例えば、

・フリーランスのライターになったけど、仕事がなくて困っている

・副業をしてみたいけど、何からしていいか分からない

・子育て中のママだけど、在宅できちんと報酬をもらいたい

という方も多いと思います。

思い通りの仕事が見つからない。そうした方にフリーランスや副業の一つの方法として、まずは取り組むべき、クラウドソーシングについて解説します。中には本格的に編集者や取材ライターを募集しているところもあります。

 

誰でもライター登録ができるクラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数の人に仕事を委託するシステムのことです。2013年に215億円だった市場規模は、2020年には2,950億円に達すると予測されており、フリーランスや副業をする会社員、子育て中のママに非常に人気のある働き方です。

なぜそこまで多くの人が利用しているのでしょうか。

実はクラウドソーシングには、

・フリーランスとして、サラリーマン以上の報酬を得ることも可能

・時間や場所に縛られずに仕事ができる

・スキルなしでも、気軽なおこづかい稼ぎができる

・子育て中のママが安定した収入を得るのにピッタリ

・会社員の副業として、報酬やスキルアップにつながる

といった魅力があるからです。

 

ライター登録をすべきクラウドソーシングサイトおすすめ6選

とはいえ、クラウドソーシングのサイトはネット上に多く存在しており、なかには、

・案件があまりない

・単価が低すぎる

といった、あまり登録すべきでないサイトもあります。安心できるクラウドソーシングサイトはどこなのでしょうか?

「クラウドソーシングって何?」というビギナーさんも安心して仕事ができるクラウドソーシングのサイトを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

 

まず確実に登録しておきたい業界最大手2サイト

 

ランサーズ

2008年からスタートした日本最大級のクラウドソーシングサイト。累計の依頼数は210万件、依頼総額は2,100万円以上であり、常時、さまざまな仕事の受発注が行われています。

GREE・YahooJAPANといった大手からベンチャー企業まで24万社以上が活用しており、安心して仕事を受けることが可能です。

まず一番初めに登録しておくべきサイトといえるでしょう。

 

 

クラウドワークス

 

2012年よりサービスを開始し、ランサーズと同等規模のサービスを提供しているクラウドソーシングサイト。

スキルなしでも取り組めるものから、高単価な案件まで、200種類以上の仕事が見つかるのが特徴です。

最近では、文部科学省など9省庁、40以上の地方自治体が仕事を依頼するなど、信頼度が高いことも魅力の一つ。

ランサーズと同様、フリーランスや副業をしている人のほとんどが活用しているので、忘れずに登録しておきましょう。

 

ライターは登録必須!?ライティング特化型のクラウドソーシング

サグーワークス 編集者・ライター・校正・校閲者

クラウドソーシングには、さまざまな仕事に特化しているものがありますが、サグーワークスはライティングの案件を集中して扱っているサイトです。高報酬の案件が多数あり、未経験でも月収30万円が目指せるこう謳われています。

何と言ってもライターにとって嬉しいのは、サグーワークス独自のテストに合格すると「プラチナライター」になれること。

「プラチナライター」になると、一般的なクラウドソーシングの仕事よりも高報酬の記事にチャレンジでき、営業活動も不要になります。

編集者や校閲者を本格的に募集
しており、本気の人を歓迎するサイトです。

 

本格的にフリーランスのライターになる人はもちろん、子育て中のママや会社員も、ライターをやると決めた人はエントリー必須のサイトです。

サグーワークス 通常版

とはいえ初心者がいきなりテストに合格することは難しいかもしれません。サグーワークスではテストを受けなくても、ライティングの仕事を受けることも可能です。

こちらは簡単なアンケート回答からコラム記事作成など、初めてでも取り組みやすい仕事が多くあります。

「通常のサグーワークスで経験を積んでから、プラチナライターに挑戦する」というのが高報酬を稼げるようになる近道です。

サグーワークスのサイト上には、プラチナライターのテストに合格するため、またライターとしての技能向上のために役立つ情報が多く掲載されていますので、ライターは1度目を通しておきましょう。

 

手数料最安でお得に仕事ができるクラウドソーシング

ビズシーク

クラウドソーシングで仕事をすると、サイトに対して手数料を払わなくてはいけません。

通常、受注金額や仕事の種類によって手数料は異なり、多いときは金額の20%を支払うこともあります。

しかし、ビズシークであれば手数料が低く安心です。

・依頼金額が10万円超の部分:依頼金額の5%

・依頼金額が10万円以下の部分:依頼金額の10%

と決まっており、手数料は業界最安です。そのため、登録しておいて条件に合う仕事があれば、ビズシークの仕事に優先して取り組む。

といった使い方が有効です。登録は無料なので、登録しておいて損はないサイトです。

 

自分のスキルを出品!?フリーランスの利用者多数のサイト

ココナラ

クラウドソーシングのサイトは、仕事を発注したい人が募集をかけて、働きたい人が応募をするのが一般的です。

しかし、ココナラは、働きたい人が仕事を募集するという、比較的新しいサービスを提供しています。

そのため、自分で仕事を取りにいく営業が苦手という人に特におすすめです。

また、ライターだけでなくさまざまな趣味やスキルで報酬を得ている人がたくさんいます。そのため、副業でどんな仕事をするか迷っている人は、良いアイデアを見つけられるかもしれません。

登録しておけば思わぬ良い仕事を受けられるチャンスがあるので、フリーランス・副業をする人にとって、利用するべきサービスの

一つです。

 

クラウドソーシングを利用するメリット

 

クラウドソーシングを利用して仕事をするメリットは多くありますが、代表的なことを紹介します。

・好きな時間で必要な金額を稼ぐことができる

クラウドソーシングのサイトは基本的に24時間いつでも利用できます。そのため、平日の仕事が終わった後や、子育て中の隙間時間など、仕事をするのに時間や場所を選びません。

実際に全くスキルのないママでも、月に5万円、10万円という金額を稼ぐ人が多いようです。毎月数万円の収入が増えるだけでも、家計の余裕がかなり変わって安心ですよね。

・人によっては会社員以上の報酬を得ることができる

ライターや副業というと、あまり稼げないというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、継続すれば月に10万円・20万円といった収入を得るのも難しくなく、中には50万円・100万円という金額まで到達している

人もいます。

最初は副業として始め、報酬が増えてきたらフリーランスとして独立するという利用の仕方もできるのが魅力です。

 

まとめ

 

①クラウドソーシングを使うと、時間と場所に縛られない働き方ができる。

そのため、フリーランス、副業、ママにおすすめ。

②月10万円・20万円といった収入を得ることは難しくなく、中には50万円・100万円といった高報酬をもらう人もいる。

③特におすすめなのは5つのサイト

・ランサーズ

・クラウドワークス

・サグーワークス

・ビズシーク

・ココナラ

 

全て登録は無料で、今よりも良い仕事に出会える可能性があるので、気になったものは登録しておきましょう。

(文:FreelanceMeetup編集部)

 

おすすめの記事