4泊5日の東京出張、友達と会ったり、会社のmeetingに参加したり。時間はあっという間に過ぎていきますが、今回のメインはLOY(ランサーオブザイヤー)に行くこと。

フリーランス界隈でランサーズを知らない人もあまりいないと思うので、その辺の話は割愛するとして、その筋ではない友人に聞かれたときはこう答えています。

Car of the year のフリーランス版みたいな感じ!」

たいてい、この一言で理解してくれます。

まあ、取れたわけでもなんでもないので参加しているにすぎないのですが、一応2017.2018.そして今年も候補者ラインには残っています。(20172018はノミネートでしたが今年は正確にはノミネートの一歩前らしい)

2018年の途中から業務委託の仕事にシフトしていったため、ランサーズでの受注は減っているので取れるとも思っていなかったのですが、少しうらやましく受賞者の方たちを見ていました。

私がランサーズに登録したのは2014年のこと。前職を辞めて、当時大学院の通信教育をしていたときです。隙間時間に少しでもと思って登録したのがきっかけでした。隙間時間のみで仕事をしていたこともありますが、初年度の年収はわずか40万。しかし、翌年、院を修了したころには、倍々のペースで仕事が増えていきランサーズの担当さんからも直接声がかかるようになっていました。

「これ、向いているんじゃない?」この頃にはそう思っていた気がします。

「文章を書く」ことに対する強いこだわりはなく、コピーやシナリオ制作、パンフレットの制作など、結構あらゆるものに手を出していました。薄く広くの知識が結局、現職であるディレクターに向いていたのかなと思います。

ランサーズでの最初の転機はWさんに会ったこと、2回目の転機はTさんに会ったこと。このお二人に会ったことで、何かが大きく変わった気がします。

大きな声では言いたくないほど田舎に住んでいますし、前職のお給料なんて泣きたい金額でした。加えていえば20代は一度も働いたことがないというアウトサイダー。上場企業並みの年収を手に入れることなんて夢のまた夢でした。

ただ、きっかけはどこに転がっているのかわかりません。たった一つのURLをクリックしたことが今につながっています。ある日突然踏み出した一歩が大きな一歩になるかもしれません。そして、今を変えるかもしれないのです。

「自分らしく働く」

そうした人たちの集まりがLOYなんだろうなぁ。

 

Lancer of the Year 2019

Lancer of the Year は今年5回目。2019.3.23の開催。

場所は渋谷駅直結の「渋谷ストリーム」カフェやレストラン、オフィスなどがある複合施設です。前日の気温は20度ほどあり、かなり暖かかったのですが、この日は8度ほどしかなく風が冷たい一日でした。

エスカレーターの近くなど要所にランサーズの社員さんがいて案内してくださったのですが、ビルの3階まではほぼふきっさらしで、寒そう。。。お疲れです。。(おしゃれなビルかもですが、冬どうなんでしょう?)

4階まで上がっていくと受付があります。招待状を提出してストラップと感謝状、そしてお土産をいただきました。

今回のLOYは実際にフリーランスとして活躍している6名の方をプロジェクトメンバーとしての開催です。この方たちも選考に加わったのだとか。フリーランスによるフリーランスのためのイベントなのですね。

Lancer of the Year受賞者は、対象者数100万人以上の中から、選ばれた6名の方。

(メインな気がしますが、お写真はダメっぽいのでプレスリリースのリンを貼っておきます)

 

そのほか、これまでの受賞者によるトークセッション(最初の質問でいきなり年収でした)。

800万、900万、もう一方は多すぎて忘れました。

大手企業と受注者によるトークセッション

自由な働き方と自由な暮らし方について考えるトークセッション(席がなくて出ちゃいました……)。

な感じです。

トークセッションの間も下の階では交流会が行われていました。

私は知っている人も結構いるのですが、同じフリーランス、同じランサーであることで生まれる一体感はすごいですね。仕事の内容や受注の方法、ランサーズ使用年数など共通の話題は尽きないのかもしれません。

※服装に関して:「何を着ていけばいいんでしょう?」という話を耳にしますが、答えは何でもいいです。フォーマルからカジュアルまで何でもありです。

 

おみやげ

お土産という言葉で良いのかわからないのですが、いただいたものは、

感謝状、クロッキー帳、ステッカー、タンブラー、ペン、マグカップ、スマホでドック、ミンティア、名刺入れ、タオルでした。そのほか、フリーランスに役立ちそうなパンフレットなど。

ほんのわずかな血液で健康診断ができるらしいです。後でやってみます。

ボトルのランサーちゃんのイラストがかわいいです!

あとクロッキー帳とかパンフでした。

常にファーストペンギンとして

ランサーズを5年間使ってきて、LOYは3回目。行くたびに新しい試みが次々と生まれていきます。この業界で常にファーストペンギンであり続ける証でしょうか。

私自身も、今後はおそらく違う形で利用していくことの方が増えると思いますが、フリーランスのファーストペンギンとして仕事を切り開いていけたらと考えています。

P.S.代表の秋好さんがブラッシュアップしていく姿にも目が離せません!

乱筆乱文にて-190327

(文・しらいはるか)



クラウドソーシング「ランサーズ」

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事